HOME>特集>歴史を楽しみながら巡ろう!四国遍路はこんな人におすすめ!

目次

四国遍路とは

寺

四国遍路とは、徳島の阿波や高知の土佐、愛媛の伊予と香川の讃岐にある88箇所の札所を巡るお遍路のことです。四国遍路の歴史は1200年前にさかのぼり、弘法大師が修行し歩いた跡地を巡り回って歩き聖地巡礼したのが始まりと言われています。四国と言ってもその土地は広く距離もあります。当時は現代のように道も綺麗に整備されていない状態で険しい山道をあるいたと思われます。聖地巡礼は僧侶などが行っていましたが、時代が進むにつれ道が整備されるようになると一般人もお遍路ができるようになりました。現在はかなり交通の便利が高まり、自動車での移動も自由自在ですから年齢に限らず四国遍路を行う人も増えてきています。

四国遍路はどんな人におすすめ?

お遍路さん

交通が便利になったので、四国遍路は年齢を問わず人気があります。定年を迎えて時間ができた方や、若い女性にも人気があります。聖地巡礼することで身も心も浄化でき、本来の自分を手に入れることができます。仕事に疲れてリフレッシュしたい方も、おすすめです。また、四国遍路は札所を巡るので、その土地の文化や風土、季節ごとに変わる風景を楽しむことができます。非日常を感じたい方も良いですよ。疲れたらその土地の美味しいスイーツや名産物などを楽しんで見るのも、四国遍路の楽しみ方です。バス遍路のコースもありますし、自転車で気ままに四国遍路もできますから、興味がある方は参加してみてください。

広告募集中